ご家庭で飲料水の水質検査が簡単にできる水質検査キットでご家庭の飲料水の安心を測ります。

目次へ

水道水にあるリスク

日本は上下水道の技術が発達しており、他の国に比べると安全な水が利用できています。それでもやはり、不安を持ってしまう方は少なくありません。水道水は、地域によっても水質が変わります。また、浄水の過程でリスクを抱える部分もあります。こちらでは、そんな水道水のリスクについてご説明します。

かつての日本と今の日本

水の汚染で有名なものといえば、「イタイイタイ病」や「水俣病」などの公害被害です。工場から出る有毒物質によって水が汚染され、その水の中に住む魚などを摂取していたために、神経性麻痺や手足のしびれ、発がんなどの症状がもたらされました。

現在の日本では、そのような水の中の有害な物質を検出し、基準値より低い水のみを浄水場で処理して安全を確保しています。しかし、人の体に影響がないような飲料水を作るためには、十分な浄化・殺菌処理が必要です。そして、その処理の際に必要な塩素や化合物は、人の体に有害なものになります。現在では、この処理の際にできるトリハロメタンなどの有害物質の除去問題などが注目されています。

トリハロメタンとは

トリハロメタンとは、ダムや川から引いてくる原水に含まれている有害物質と、水道水を作る過程で使う塩素が化学反応を起こしてできる化合物です。トリハロメタンには、クロロホルム・ブロモジクロロメタン・ジブロモクロロメタン・ブロモホルム・フルオロホルム・ヨードホルムなどがあります。

その中でも、クロロホルムとブロモジクロロメタンは、催奇形性や発がん性の疑いがある環境汚染物質として問題視されているものです。トリハロメタンは、水を浄化する際に生成されるので、どうしても水道水に含まれてしまいます。そのため、日本の厚生労働省やWHOではトリハロメタンの基準値を設定しています。

塩素にも注意

原水を浄水する際には「塩素」が使われています。塩素は水を浄化するのに有効なものとして、広く使われています。しかし、この塩素自体が使用の仕方を間違えると、時には人の体にとって有害なものになることもあり、注意が必要です。水道水の匂いが苦手な方の多くは、この塩素(カルキ)の匂いが苦手だと思われます。

当社では、ご自宅の水道水や地下水、井戸水の水質測定宅配検査を行っております。ご自宅の水質測定したい水を、宅配で当社へ提出していただき、それを分析します。簡単な方法で水質測定ができるので、日頃利用する水の安全性を知りたい方におすすめです。水質測定をして、水の安全性を確かめてみませんか?

飲料水安心コース

赤ちゃん安心コース

ミネラルコース

今すぐお申し込み
家庭水質検査キット[宅水検]のお申し込みフォーム
0120-965-413
営業時間:平日9:00〜17:00
メールは24時間受付けております