ご家庭で飲料水の水質検査が簡単にできる水質検査キットでご家庭の飲料水の安心を測ります。

目次へ

軟水と硬水の違いについて

販売されている飲料水の表示で、「軟水」と「硬水」というものを見かけたことがある方は多いでしょう。この飲料水の表示で、水には軟水と硬水があるというのが分かります。それでは、どのように違うのかはご存知ですか?こちらでは、その軟水と硬水の違いについてご紹介します。

違いは「硬度」

軟水と硬水の違いというのは、「硬度」の違いのことです。この硬度というのは、水中に含まれるミネラル類の中のマグネシウムとカルシウムの量を表した数値になります。この数値が高いものを硬水、低いものを軟水と呼びます。WHO(世界保健機関)での定義では、以下のように決められています。

・ 軟水:硬度が120mg/L未満
・ 硬水:硬度が120mg/L以上

日本で多いのは軟水

日本では、沖縄県の一部の地域を除いてほとんどの地域の水が軟水です。軟水の特徴としては、口当たりが良いこと、旨味成分を引き出しやすいため和食を作る際に向いていること、緑茶を入れる際に色や風味がしっかり出ること、身体の吸収が早いため赤ちゃんからお年寄りまで飲みやすいこと、生活用の水として使用した際に石鹸や洗剤の泡立ちが良いことなどがあります。

硬水を利用する際には注意が必要

硬水は、一般的に飲料水や料理、洗濯などに向かないとされています。なぜ硬水が飲料水や料理に向かないかというと、含まれるミネラルが多いために口当たりが重くなり、癖のある味になるからです。ただし、飲料水として販売される硬水に関しては、硬水の中でも飲料水に適しているものになります。洋酒を割る時やコーヒー、紅茶を入れる時に硬水を利用すると、香りと味がひきたちます。

洗濯に向かないとされるのは、石鹸が脂肪酸とナトリウムの塩を使用していることで、硬水の成分のマグネシウムイオンとは石鹸かすが出てしまうからです。衣服にその石鹸かすがついてしまうと、色のくすみが生じたり、衣服を収納した際に異臭を発したりします。

自宅の水道水や、井戸水、地下水の水質検査でしたら、当社にご依頼ください。簡単な方法で、水質検査をお任せいただけます。

飲料水安心コース

赤ちゃん安心コース

ミネラルコース

今すぐお申し込み
家庭水質検査キット[宅水検]のお申し込みフォーム
0120-965-413
営業時間:平日9:00〜17:00
メールは24時間受付けております